会社に必要な勤怠システム

勤怠というのは会社などで働いている人の勤務の状態を記録するものです。

その記録した内容をいつでも確認できるようにしたものを勤怠管理といいます。勤怠を管理するために一番よい方法は勤怠システムを導入することです。会社で働く人の中にはいろいろな働き方、形態があり、事務所で働く人もいれば工場など現場で働く人もいます。また営業などはそのまま取引先などに出向くこともあるのです。勤怠システムがあると事務所で働く人でも、工場や営業などで働く人でも勤務の実績を集めることができるようになります。

勤怠は始業した時間から終業する時間までの勤務していたという実績となりますが、タイムレコーダーで時刻を集める方法が一般的です。しかし営業など直接取引先に行くような場合などタイムレコーダーを使うことができず時刻がわからないということもあります。最近はいろいろな方法で勤怠データを集めることができ、例えばインターネット経由でスマートフォンなどの機器から時刻を入力することができるのです。勤怠システムならネットワークを利用してこれら時刻データを集めて時間を自動的に計算することができるようになるのです。

勤怠の実績が取れるようになると勤怠管理を行うことができるようになり、また給与計算にも連携することができます。残業時間なども勤怠システムがあれば自動的に計算することができ、上司の承認を得て、給与計算にて残業手当として支払うことができます。
給与の日払いのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *