あると便利な勤怠システム

仕事をするために会社に出勤して、仕事が終われば退勤をするという日常的に行われていることですが、これは給料にも関わってくることなのでしっかりと記録をしなければなりません。

仕事をするためにはいつ出勤するべきなのか決める必要があります。また働き続けることはできないため、いつ休みか決めなければなりません。出勤する日に仕事に来ているのか、休む日にきちんと休んでいるのか管理することを勤怠管理と言います。勤怠は時間まで管理しなければなりませんので、出勤したということに加えて出勤時間と退勤時間の記録が必要になります。また勤務している時間数によって休憩時間も与えなければなりません。

仕事はいつも決まった時間に終わるといいのですが、やはり忙しいと残業をしなければならない時があります。残業をした場合は手当を支払う事になるため勤怠管理においては残業時間も把握しなければなりません。このような勤怠情報は勤怠システムを導入する事で効率的に管理することができます。勤怠システムは働いた時間の情報を記録してその結果から勤務時間数や残業時間数を自動的に計算することが出来るものです。

時間の情報はタイムレコーダーなどから集めるのが一般的で、最近ではネットワーク経由ですぐに勤怠システムで情報を確認することが出来るので、勤怠管理に利用することが出来るのでとても便利なのです。また勤怠の結果を給料を計算する情報としても利用することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *