労働時間を管理する勤怠システム

多くの会社には就業規則というものがあり、これらは労働基準法などの法律に従って決められていることが必要となります。

労働時間もきまりがあり、その時間数を超えた場合は残業手当を支払うことが必要となります。残業はしないというのが一番良いのですが、季節的な変動があるような会社では忙しい時期はどうしても残業が発生してしまうことになります。少しでも残業を減らす方法として、変更労働時間制を採用する企業もあります。

この変形労働時間性というのは一定期間で労働時間数を超えないようすることができ、例えば1年単位の変形労働時間性であれば、1年間で週平均40時間を超えないようにすればよいことになり、忙しい時期は休みの数をできるだけ減らして労働時間数を多くとり、残業時間数を減らすことができるというものです。このような勤務を行う場合はカレンダーを作成して、あらかじめ忙しい月やそうでない月の勤務日数を調整して時間数をクリアするように設定します。誰がどのような勤務を行うのか管理をする必要があるため、勤怠システムがあると便利なのです。

勤怠システムであれば従業員ごとに勤務カレンダーを設定して、それに対する実績を集めて管理することができるようになります。勤怠はタイムレコーダなどで集めることになりますが、勤怠システムであればデータ管理することができるようになるため、時間数を自動的に計算して勤怠の内容を確認することができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *