勤怠システムはWEBでも構築できる

勤怠システムはWEBでも構築できます。

この勤怠システムは市販のものもありますが、その導入費用がかなりかかり万が一システムを導入しても会社の業務内容にマッチしてこないこともあり、またカスタマイズするのに費用がかかります。最初からいろいろ企画して万全を期して導入しても現実に使用すると問題が起こってくることがよくあるのでできればその導入費用も最小限にするのがもっともよいと言えます。

こうしたコスト上の問題を解決するには、勤怠システムをインターネット上で構築するのがベストでインターネットでは無料でこうしたシステムが公開されていますのでそのシステムをまず使用して微調整しながら業態に合わせていくことがいいです。ではどのようなシステムが一番効率よくできるのかと言いますと、それはネット上のカレンダー機能を使った勤怠管理です。ネット上なのでまずは登録してそのカレンダーを使用することができれば、ログインさえできればどの場所でもスマフォでもその予定表に各社員の記録を書き込むことができます。

そうしてそのカレンダーを総務の管理するパソコンと連動させておけば簡単に表計算ソフトを使用して、各社員の出勤時間、退社時間、営業予定、業務予定、残業時間、有給休暇の取得の有無などを管理でます。このような有用なテンプレートはWEBで公開されているのでまずこのようなシステムを使用してより便利な勤怠システムを費用を掛けて導入するようにすればよいと思われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *