勤怠システムの特徴とは

勤怠システムとは、各従業員が毎日出勤していたのか休暇を取っていたのか、何時に出勤して何時に退勤したのかというデータから、各従業員がその月に何時間時間外勤務をしていたのか、何日休暇を取ったのかとか、アルバイトやパートタイマーであればその月の勤務時間数は何時間かといったことを集計し、さらにはその集計結果から最終的には各従業員の給料計算までを行うことができるものを指します。

もちろん、全ての勤怠システムがこれらの全てを一手に引き受けられるわけではなく、その一部だけを行うような勤怠システムもあります。メリットとしては、もちろん手作業が大幅に減少することです。出勤時刻や退勤時刻はタイムレコーダーを利用すれば済むことかもしれませんが、そこからの集計や計算は手作業で行うよりもこのようなシステムを使えれば負担は大幅に軽減されます。

間違いが起きることも少なくなるでしょうし、スピードアップにもつながります。デメリットとしては、そのようなシステムを導入しないと使えないことです。タイムレコーダーであれば単に機械を一つ購入して設置すれば済むことかもしれませんが、システムの場合は機器だけでなくソフトウェア、それにそのソフトウェアの設定も必要です。

例えば、各従業員の給料を計算するためには、アルバイトやパートの時間給、社員の基本給といったデータが与えられていないと計算できないことは明らかです。もちろん新入社員などがあればデータをその都度メンテナンスする必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *