勤怠システムのコストを比較

勤怠システムのコストは、タイムカードに比べて高額になるというイメージがあります。

たしかに、タイムレコーダーは1万円以内で購入でき、一度購入してしまえば数年間は使えますので、安価です。それに対して、本格的な勤怠システムを導入するには、数百万円がかかることもあります。しかし、タイムカードは毎月集計・確認をしなければならず、100人規模の会社ですと、スタッフ2人で集計・確認をしてもまる2日はかかると言われています。それに対して、勤怠システムなら一瞬で集計でき、ミスもないので、人件費が節約できます。

クラウド型の勤怠システムも登場しており、クラウド型なら月額1ユーザーあたり200円程度で利用ができるところもあります。1ユーザーあたり200円であれば、100人の会社なら2万円のコストですみます。人件費なども総合的に考慮すると、かえってお得になるでしょう。30日~60日程度の無料お試し期間がついていることがあるので、まずは無料お試し期間を利用して、使い方やメリットとデメリットを確認することができます。

コスト面で比較をしても、タイムカードに比べて安価であることが多いですが、それだけでなく、不正をしにくいというメリットもあります。勤怠システムは、ICカードなどを利用しますので、友人が代わりに打刻をするといったような不正がしにくくなります。不正を放置していると、身に覚えのない残業代を請求されるといったトラブルが起きることもあるので、コスト以上のメリットがあるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *