利便性が増している給与前払いサービス

給与前払いサービスには、アウトソーシング型とシステム提供型のサービスがあります。

アウトソーシング型のサービスは、利用する会社が準備金を支払ったり取り入れたときに労使協定や賃金規定を改定する作業を行うことが必要です。サービスを提供する企業は、事務処理を代行して手数料を受け取るという形になります。導入したり運用していくのには経費を負担する必要がありますが、スタッフの手数料は安く抑えられることが多いです。システム提供型のサービスを利用する会社は前もって利用料金を支払うための資金を用意する必要が、ほとんどありません。

何故かというと、スタッフがスマートフォンなどを使って前払いの申請を行った分を給与前払いサービスを提供する企業が立て替えておいてスタッフに支払って、その後に会社に請求する仕組みになっているからです。手数料は実際に申請を行ったスタッフが負担することになり、受け取った給与の3パーセントから6パーセントぐらいが差し引かれることになります。会社には全く利用料金が発生しない場合も多く、労使協定や賃金規定を改正する必要がないので比較的簡単に取り入れることが可能です。

近頃の給与前払いシステムは、新しいシステムが続々と登場してきています。それぞれの企業が、申請した人の手数料や利便性などで競い合っているのが現状です。例えばスタッフが申請すると、その日の内に銀行口座に振り込んでもらうことが出来ます。他にもコンビニエンスストアのATMから、いつでもお金が引き出せるようになっているサービスが提供されていたりして利便性が増してきているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *