給与の前払いをスムーズに行う方法

給与の前払いは現代の企業に置いて解決しなければいけない大きな問題となりつつあります。

若い世代は特にお金が少ないため給与の前払いを求めてくるケースも多く、これに対応できない場合には退職してしまうなどの問題を発生させることも少なくありません。実際にこのような事態を避けるために社内で前払いに対応している企業も増えており、そのような企業に優秀な人材が流出してしまう危機感を感じている企業も増えているのです。事前に給与を支払う方法としては1ヵ月分の金額をあらかじめ支給してしまう前借りの方法もありますが、この場合には実績として働いていない分の賃金も含めて支払うことになり、その精算が非常に煩雑となってしまうことが少なくありません。

また前借りした社員がその責任を果たさずに途中で退職してしまう恐れも考えられ、企業としてリスクを負ってしまうことになるため注意が必要です。前払いは一般的にその時点まで働いた実績を精算し、支払うことになりますが、この場合にも個別に行わなければならないため経理担当者の負荷が大きくなることが予測されます。そのため実際に必要と認識しているにもかかわらず、社内の体制の問題やその他の様々なリスクの問題を考えた場合、前払いに対応できない企業が多いのが実態です。

この問題を解決する方法として、外部のサービスを利用する方法があります。最近では金融業者で委託を受け、従業員の実績を計算しこれに合った金額を支払う仕組みを提供しているところが増えています。またそのための資金を融資する形となることが多いため、かかった費用を後日まとめて企業側に請求する仕組みとなっていることが多く、企業の経理部門の負担が軽減でき、社員の要望に応えることができるのが大きなメリットとなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *