企業の多様化する従業員サービスの一つ、給与前払い

近年日本では深刻な人手不足に悩んでいます。

どの業種においても必要な人員を確保できないと、様々な工夫をして人員の確保に努めていますので、過去のような雇用形態や従業員向けのサービスに囚われない企業が増加しつつあります。その中でも、給与の前払いは場合によっては従業員の方に喜ばれるサービスの一つになります。日本の企業は月末に勤怠を閉めた後、翌月の25日に1か月分の給与を支払うというスタイルが一般的でした。1か月に一度の給料日を楽しみに働いている会社員の方が多い国が日本だったのですが、急な出費や冠婚葬祭が重なってしまうと次の給料日まで資金繰りに困ってしまうという問題もありました。

消費者金融などで借り入れを行ってしまうと、高い金利を支払うことになってしまうので、特に結婚式などが重なってしまうとおめでたい席に呼ばれているにも関わらず憂鬱に感じてしまう方も少なくないものです。そこで、給与前払いサービスを会社が導入していれば、自分が既に働いた分を給料日まで待たずに会社に請求することが可能になります。

企業の側としては給与計算や振り込みの手間など業務が煩雑になってきますので、前払いを希望する社員には申告制にして、給与計算を変わって行ってくれるサービス事業者に業務を委託しているケースもあります。サービス事業者への支払いに関しては、支払い手数料という形で従業員が負担したり、会社が負担したりとケースバイケースになりますので、自分の会社で導入されている場合は手数料がかかるのかどうか確認しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *