給与前払いサービスで離職率に歯止めをかけよう

給与前払いサービスというのは、定められた給料日にならないうちに従業員に賃金の支払いをするサービスです。

一般的に就業日から初回の給料日までは、1か月以上かかることが多いでしょう。しかしこのサービスを利用することで、勤怠管理と連携して前払いが可能になります。しかし給与前払いサービスの利便性は、選び方で大きく変わってきます。企業と従業員の双方が使うことになるため、どちらにとっても利用しやすいものでなくてはなりません。例えば従業員からみれば支払いを申請する際に、パソコンやスマホなど簡単に申請できるかどうかがポイントです。

さらに企業側の担当者が、工程数を減らせるサービスであることも重要です。企業側としては、サービスにかかる費用も検討する必要があります。ほとんどのサービスは導入や月額費用が0円ですが、利用時に手数料がかかるサービスもありますのでよく確認しておきましょう。給与前払いサービスでは銀行口座に賃金が振り込まれて、従業員が口座から賃金を引き落とすことになります。

利用可能な銀行やATMが多い銀行でなければ不便ですので、連携している銀行に対応できるサービスであれば導入効果も大きくなります。コンビニのATMを利用できれば便利ではありますが、手数料が高いと従業員の負担が増えてしまうので注意しましょう。給与前払いサービスを導入することで、企業への応募増加や離職率の低下につながります。選び方を間違えると導入効果があまり得られないため、導入の際は企業側と従業員側の双方にメリットがあるサービスを選ぶようにしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *