企業の大きな課題となっている離職防止策

労働力不足だけでなく働き方改革もあり、従業員等の働き手の確保はどの企業にとっても大きな課題となっています。

せ最近ではそれだけでなく、せっかく入社してくれた人が辞めないように待遇改善や部署移動などで離職防止に力を注ぐ企業も増えてきています。企業側に何らかの問題があって離職される場合も少なくはなく、根本的なことが解決されていかない限り、辞めていく人も増える事になります。募集経費が嵩むだけでなく、仕事を教える側も入社してくれた人のために時間を割き研修していく中で離職されることで、仕事に対するテンションが下がってしまう要因にもなってしまいます。

離職防止に有効な対策としてコミュニケーションをはかることが必要とされています。管理職にとっては、パワハラやセクハラ等を考えて躊躇してしまうようですが、そういったものとは少し異なり、離職防止には、会社全体でのコミュニケーションが必要です。自分の部署の上司と部下の関係だと、どうしても上下関係となってしまうので言いたいことも言えず不満に繋がりがちですが、他部署や取締役との交流を図ることで、自分の企業をより知ることもでき、転職をせずとも他の部署で働きたいと考える機会になることもあります。

懇親会のように実際に会うことも必要ですが、社内情報共有のツールやSNS、社内ブログなどを活用していくことで、企業としても多くの人と意見交換をすることができ、様々な改善をすることで離職防止に繋げることが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *