離職防止が必要になる理由

離職防止が必要になる理由になるのが、事業を安定して継続させるためであり、特に中小企業では重要になります。

社員を採用にするには求人募集を行いますが、自社サイトに掲載するだけでなく就職・転職サイトなども利用するので費用と時間がかかります。募集があれば試験や面接も行い、可否の判断をするので担当者はその作業をしているときは本業を中断させなければなりません。また、新卒であれば十分な技術がないので教育のための時間を使ったり、実務を通して教育をするのでやはり業務の効率が低下することになります。

もし社員が離職してしまえばこれらが無駄になってしまい、やり直しになるので離職防止の対策が必要です。技術のある人を中途採用するときや、既に何年も職場で働いている社員の場合でも離職防止することは重要です。この場合には既に業務に割り当てを行っているので、離職するとその穴埋めが必要になります。引き継ぎが終わるまでは引き止めることもできますが、いつまでも続けられないので早く見つけられなければ人手が不足して影響が出る恐れがあります。

穴埋めができた場合でも、専門性が高いものであればその内容や手順などを把握して対応できるまでには時間がかかるので、即座に同様の戦力として期待できるものではありません。特定の社員のコネクションで受注できている取引があれば今後はそれが途絶えてしまう危険性もあるため、社内でどのような不満があるのか把握して対策すると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *