離職防止をするには何が必要か

企業にとって無駄な費用を削減し、業務への悪影響を避けるために離職防止の対策が必要になりますが、社員が離職する理由は様々なので、何が原因になるのか把握することが重要です。

まず、新卒や中途採用など、これから入社する人に対して考慮しなければならないのが雇用条件であり、事前の説明との食い違いが大きければ意欲の低下に繋がり、将来へ希望が持てなければ離職することになります。例えば業績が良くないので定期的な昇給が不可能であると事前に合意していたとしても、それで安心はできません。

昇給は自分の力を高め、会社の役に立とうとする意欲になるものであり、これがなければ技術を身に付けるための踏み台に利用され、他の会社に移ってしまう原因になります。入社後の社員に対しても離職防止を考えなければなりませんが、例えば高圧的な態度の上司がいれば部下は働きにくいと感じますし、やはり一般的に同じような仕事をしている他社と比べて報酬が少なければ転職しようとする動きを止められません。

労働時間の管理も行い、負担がかかり過ぎている人がいるのであれば分担して軽減するなどの対処が必要です。不満を持っていてもなかなか打ち明けられない社員もいますので、相談できる窓口を設置することも離職防止を考える際に役に立ちます。将来性があると感じられるように経営陣の努力も必要であり、倒産の懸念があれば転職が容易な技術力のある社員から抜けて行き、それに不安を感じた社員が次々と離職して業務が成り立たなくなる恐れもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *