離職防止の対策で必要なこと

離職防止を考える際に必要になるのが、コストに対する意識です。

離職の要因として多く挙げられるものに待遇面、給料に低さがありますが、これを高くすれば企業の収益が減ってしまうので不満があっても、いくらでも対応できるというものではありません。しかし、現在は人手不足が深刻化しているので離職されると穴埋めの人材を確保するのが困難な状況であり、業務への影響が出ることもあります。

社員の採用にもコストがかかり、入社しただけで即戦力になることは少なく、教育やプロジェクトの方針などについて理解させるまでに多くの時間も必要です。収益を優先して人件費を抑え過ぎれば、逆にコストが増えたり機会の損失に繋がることもあるので、離職防止のためにどこまで引き上げが可能であるのか見極めて対応しましょう。

離職する気配がない社員であっても、潜在的には他社への転職を検討している可能性が考えられることにも注意が必要です。必要とされる技術がなければ転職は難しく、不満があっても残りますが、それが身に付いたときに離職に繋がります。こうなるとそれまで時間をかけて戦力として扱えるようになった社員が抜けてしまうので、大きな損失になります。

周囲に不満を漏らしていれば離職防止はしやすいですが、1人で抱え込んでいる場合もあるので汲み取れるように意識することが重要です。上司が部下に声をかけて様子を見たり、労働時間を管理してワークバランスが崩れていないか確認するなど、企業側から社員を気に掛けると良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *