離職防止の対応が必要なのはなぜか

企業が離職防止の対応が必要なのは、それが経営体力を維持することにも関係しているからです。

社員を採用するには募集を出して試験や面接を行い、その後に規則を説明したり配属される業務を理解させるなど多くの手間や時間が必要になります。離職されるたびに発生して無駄になるので、できるだけ抑えなければなりません。また、入社した社員が最初から万全の状態で業務に取り掛かれるものではなく、時間をかけてスキルを身に付けていくことになります。

例えば新卒を採用した場合には未熟であり、印象が悪くなるのを避けるために条件が悪くても我慢して仕事を続ける人がいますが、何年か経過したら身に付けたスキルを使って他社へ転職してしまう可能性があるので注意が必要です。取引先との信用でも離職防止が重要になる場合もあります。例えばIT系の業務で専門的な仕様を把握している必要のあるプロジェクトであった場合、離職によって他の人員をそこに入れて引き継ぎを行ったとしても、短期間で同じ理解力を身に付けさせるのは難しいです。

その結果、取引先との打ち合わせで齟齬が起きたり納期に間に合わなくなる、バグが増えるなどの悪影響を及ぼすことがあります。あまりにも職場の環境や雇用条件に問題があった場合には、離職した元社員が転職サイトなどに悪い口コミを記載することで募集の妨げになる危険性もあります。このように離職防止に力を入れなければ、業務や人材確保に影響が出て経営体力が落ちる原因にもなるので注意しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *