離職防止には何をすれば良いのか

離職防止をするには、なぜ会社を辞めたいと感じているのか理解することが重要です。

一般に向けて取られたアンケートを参照し、それに該当するものがあれば改善する必要がありますが、それだけでは十分とは言えないので、社員それぞれが持っている不満を把握できるように対応した方が良いでしょう。まず、離職防止のために心掛けなければならないのが募集時と採用後の待遇に食い違いが発生しないようにすることです。

人手不足であると言われている現在では、募集条件が悪いと人材の確保は難しくなりますが、入社させれば良いという考えで見かけだけ良く見せて実際には昇給を行わない、ボーナスを支給しないなどの対応をしていれば離職する原因になります。

下請けをしている企業では簡単に改善できない場合もありますが、社員が自分のやりたい仕事をできているのか確認することも離職防止で考える必要があることです。今まで行っていたものとは異なる業務に配置されたときに、ミスマッチが起きれば意欲が低下して離職する危険性もあります。できるだけ希望に答えられるように聞き取りをしてから、配置を考えた方が良いでしょう。

労働時間も管理して、1人に集中しないように負荷を分散することも重要です。もちろん、残業すれば手当が出るため、好んで長時間労働をしているケースもあるので本人に確認は必要です。望んでいない作業量で私生活にも影響している状況であれば、人員を増やすなどの対応をしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *