費用をかけずに対策できる離職防止

人材の確保はどの企業にとっても頭の痛い問題です。

年々新卒採用が難しくなっていると同時に中途採用など転職市場も活況ですので、良い人材ほど他に行ってしまう可能性が年々高まっています。企業にとって、ただ離職していく環境を眺めているだけでは人手不足から倒産という危機に直面してしまうリスクまである時代です。離職防止対策を打つことは企業にとって急務であるとともに、重要な経営課題でもあります。しかし、中小企業ほど、離職防止に予算を割くことが難しいでしょう。

大企業であれば給与が上げられるかもしれないが、中小企業では出来ないという場合でも、コストをかけずに工夫次第で離職防止対策は可能です。例えば、離職の大きな原因の一つに人間関係があります。

会社組織ではどうしても人間関係は避けて通ることが出来ません。良くも悪くも組織の中で人間関係は育まれてしまうので、人間同士のトラブルで離職をしてしまうケースが少なからずあります。業務上の原因や、給与ではなく、人間関係に問題があるのであれば、座席を固定せずにフリーアドレスにして毎日同じ社員同士で顔を会わせないという方法が取れます。

また、在宅勤務にして会社に来る頻度を減らすという工夫も業種によっては可能になってきます。今の時代インターネット環境さえあればどこにいても大概の業務は行えるものです。これまでの固定観念にとらわれずに会社に来なければならない、同じ組織内では固まって座るといった枠から社員を解放してみるのも一つの方法でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *