会社に負担のかからない給与日払いシステム

一般的に一定期間の雇用を前提とした場合には給与は月払いとなるものです。

月払いの方が計算がしやすく、また社会保険や労働保険の単位も一ヶ月単位となっているため都合が良いためですが、生きていくためには毎日のお金が必要です。もちろん、一ヶ月の給与でやりくりをしていくべきものですし、その範囲で生活をしていくべきものであり、不足しないように注意し、また日頃から貯蓄をしておき、足りなくなった場合にはそれらを切り崩して生活を行うのがもっとも最善の方法です。

しかし、それでもお金が足りないという事態に陥ることは多く、そのような時にはお金を借りるといった行為をする人も多く居ます。ただ借金は将来の収入をあてにして行われるもので、一度、その便利さから借金が増えていくということもあり、あまり好ましいことではありません。このような時に会社が給与の日払いシステムを導入していれば、お金を迅速に調達することができます。日払いシステムは会社から直接的に支払いを求める前借りとはやや異なり、日払いシステムを導入している業者を仲介者として、その業者が立て替え払いをするというものです。

もちろん、手数料が発生するので前借りをするよりも不利ではありますが、会社にとっては日払いをした事による経理処理を行う必要はなく、また制度として導入していれば社員も利用しやすいもので、その手数料を支払うだけの価値があります。それにあくまでも労働によって発生した給与分が支払われるので、借金と異なり返済義務も発生しないメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *