経理担当者も納得の給与日払いシステム

アルバイトに支払う給与を月払いや週払いより、日払いにした方が求人した時に応募人数が多くなるという事は採用担当者なら誰でもわかっていることです。

入社直後の離職率が最も高く、退職理由を聞くと交通費や食費等が毎日かかり、給与の支給日まで持たないといったものも少なくありませんでした。採用担当者の立場からは日払いが望ましいといっても毎日現金を用意しておかなければならない経営側の事情や、毎日給与計算や振り込みの作業に追われるようになる経理担当者の立場を考えると、言い出しづらい大きな問題でもありました。給与の日払いシステムは、採用担当者が抱える大きな問題を、手助けしてくれる新しいシステムです。

全てのアルバイトに、従来の月払いから日払いにするという選択肢ではなく、希望者には日払いで払うこともできるというものなので従来の月払いを変更する必要はありません。日払いシステムは初期費用や運用コストはどれを運用するかによっても様々ですが、ほとんどのものが経理担当者の手を煩わす事がなく、日常の業務に集中できます。

日払いをしてほしいアルバイトは、電話やパソコン、スマートフォンから申請をして受理されれば、翌日以降には口座に入金されます。毎日日払いにしてほしければ毎日申請することも可能ですが、日払いシステムによっては、回数に上限があったり、システムの利用料がかかる場合もあるので事前に確認しておくようにした方がいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *