給与の前払い制度について

給与の前払い制度は労使双方にとってメリットがあります。

制度は予め決められた規則に則って行われ、期間内の労働に対する一定の割合を前払いとして支給するシステムですが、その運用は会社が専門業者との間で契約を結び行われることが一般的です。従来給与の支払いは、一定の期間内の労働に対して、決められた時期に支払われるのが常識となっていましたが、雇用形態の多様化とともに、社会や個人の経済状況の変化もあって価値観も多様になっています。経済的格差や貯蓄の多寡等の問題が起こっていますが、これらによる暮らしの生きづらさを解消するためにも給与の前払い制度は必要なことの一つです。従業員に冠婚葬祭や子の入進学等の一時的な臨時の出費があった時に、この制度は活きてきます。

前払い制度の利用を希望する社員は会社が結んだ契約先の業者にその旨を申し出てることで、必要な資金を確保でき、利子のつくローンの利用より便利ですし、同僚など他の人にそのことを知られなくてすみます。業者の方はその分を決められた方法によって会社に請求することで利益を得ます。

一方、会社にとっては、前払い制度があることを求人広告に載せることで。求職者の目に留まる点でメリットがあります。また、実務的には、対象者の給与の計算事務に係る時間が減り、その分を本来の業務処理へと向けることができ合理的です。さらに、給与を通じて社員の経済状況を知ることが出来るので、間接的に人事管理にも役に立つというメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *