給与の前払いシステムとは

給与というと、毎月の決まった日に支払われるものといったイメージがあるのではないでしょうか。

しかし、給与の支払いには支払い日を定めたもの以外にも1週間位での支払いや2週間単位での支払、1日働いてすんだ後のその日払いなどさまざまなものがあります。このような給与の支払い方法の中には前払いというものもあります。前払いとは、仕事をする前に貰えるであろう金額の全額や一部などを前もって労働者に支払う制度になります。

前払いの制度では雇用主と労働者の間に信頼関係が必要となります。前払いで給与をもらってしまったのに、真面目に働かず遅速や早退、怠けるなどの態度が見られた場合には雇用主は大きく肩を落とすでしょう。金銭に困っているからこその制度ですので、この制度を利用し、生活を助けてもらったという感謝の心をもち、真面目に労働をして雇用主に恩を返していけるようにしましょう。

また、この制により雇用主と大きな信頼関係を築けることもあります。金銭の援助だけではなく、心の信頼関係を得ることができれば、職場での環境もよくなり、仕事も楽しく励めるようになることでしょう。お金がないということは生活にも困り、心が荒れてしまうこともあるでしょう。しかし、ちょっとした制度の利用で信頼関係を築けたり環境をよくすることもできるので、無理をしてしまうくらいであれば、このような制度を利用することは決して悪いことではありません。制度を利用したらからこその信頼関係を築いてけばよいのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *