給与の前払いを行うときの注意点

給与の前払いは希望する従業員も多く、就職先を決める際のチェック項目にもなる重要なものです。

採用活動で応募を増やせたり、入社後の定着率を上昇させるなどのメリットがあるので対応した方が良いものですが、経理の処理が一括で行えなくなるので手間が増えるデメリットがあります。この給与の前払いの需要が高まったことで代行するサービスも出てきており、利用すれば経理の負担を抑えることができますが、どこのものが適しているのか確認しないと失敗するので注意が必要です。各社で様々な違いがあるので、比較して自社と従業員にとって最適になるものを選びましょう。

まず、給与の前払いサービスを利用するときに問題になるのが企業と従業員の双方の負担が大きくなって実用性がなくなることです。無料ではないので企業側は月額で契約料が発生し、従業員は振り込みの際に手数料を払うことになるので、これが高過ぎれば利用されなくなります。対応している銀行も異なっており、数が少ないと使い勝手が悪くなります。

経理の面では勤怠システムと連動できるものでなければ別途入力の作業をすることになり、手間が増えてしまうので注意しましょう。なお、このサービスを利用する際に指摘されている法律上の問題として、貸金業に該当するという意見は経済産業省から該当しないと正式な見解が発表されています。その一方で企業が直接従業員に支払わなければならないとする労働基準法の規定に対しては、まだ見解は発表されていないのでグレーゾーンであることは知っておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *