給与の前払いシステム

給与の前払いシステムは、フリーターとかアルバイトの人が重要な位置を占める企業では既に導入されていたり、あるいは真剣に導入を検討されていることがあります。

理由は比較的簡単で、会社側の論理というよりはどちらかというと働く側の論理によります。どんな人であっても、給与の前払いシステムはあってありがたいことは間違いないでしょう。同じお金をもらえるのであれば後でもらうよりも先にもらったほうが良いに決まっています。そして、フリーターとかアルバイトの人は今すぐにお金が必要という事情を抱えている人も多いでしょう。

そして、今は売り手市場の労働環境にあるということも大いに関係があります。要するに、働く人がいろいろな企業を比較検討し、自分の求める条件に最も合ったところを選ぶというように、働く側が企業を選ぶ権利を持っている状況が強いのです。こうなると企業側は待ちの姿勢ではいけません。それでは人は集まらず事業の発展は望めなくなってしまいます。

できるだけ良い雇用条件を提示できるようにしないといけないわけですが、そのために給与の前払いシステムというのは大きな力になるのです。いくら良い条件と言っても、単純に時給を引き上げるのでは企業側の経営体力を奪ってしまいます。時給を引き上げるほどの経営資源を必要とせず、それでいて働く人に対して良い条件を提示できることの一つがこの給与前払いシステムであるために、導入が広がっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *