給与の日払いシステムという選択

給与の日払いシステムとは、毎日が給料日になる仕組みと考えても良いでしょう。

ただしこれは働いたその日に給料を受け取れるとは限りません。ちょうど、月払いシステムである月給制においては、毎月給料日があるけれども働いたその月のうちに給料を受け取れるとは限らないことと似ています。普通の月給制では、働いた月の翌月20日とか、25日あたりに給料日があることが多いでしょう。

これと同じように、給与の日払いシステムでは働いた日の翌日終わりに給料を受け取れる仕組みで運用している会社が多いようです。要するに働いた日と1日ずれて給料がもらえるわけで、連続して働く限りは毎日が給料日になるわけです。もちろんこのようにある程度の期間にわたって連続して働きつつ、会社が給与の日払いシステムを導入しているために毎日が給料日という人もいます。

ですが、このような状態はちょっと考え物だと思う人もいるでしょう。確かにお金を毎日受け取るのは一見するとありがたいものの、どうしても長い目で物を考えてお金を使うという感覚が薄れることは間違いないはずです。

いわば宵越しの金は持たないというか、その場その場でぱっぱとお金を使ってしまうことになりがちで、貯金などは相当に強い意志を持っていないと難しいでしょう。そのため、ある程度以上の期間にわたって働き続けているような人の場合は、あえて毎日が給料日という選択をせず、月給制で給料をもらっている人もいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *