弁護士の無料相談の特徴

法律に関する問題を相談したい時、相手としては弁護士が適切ですが、それにかかる費用の金額は心配の種です。しかし、近年では弁護士が無料相談に乗り出しているので、経済的な余裕がない人でも我慢する事なく相談が行えます。無料相談の利点としては、弁護士との接点が増やせる事に加えて、休職中の人や収入が少ない女性でも相談出来る事にあります。また、それによって経済的な状況が解決する事もあるので、気軽に相談出来る機会が増える事は弁護士にとっても利点になります。

弁護士側の利点は、自らの存在を世に広く知って貰えたり、実績を増やして今後に結び付けられる事があります。ただ、相談を完全に無料相談にしてしまっては、収入を得る機会は大幅に減る結果に繋がります。そこで、初期の相談を無料にする事で、長時間の相談が行われるのであれば、以降は有料という形でサービスが提供されています。更には、相談内容に制限をかける事でも、無料と有料のバランスを取ったり、十分に経営が続けられる収入確保を行っています。

無料になる条件は、相談する相手によって違いますし、相談者によって条件を変える事も十分にあり得ます。通常は、初期の相談を30分から1時間程度に設定を行い、時間が長引けばその分を有料にする事があります。相談先によっては、初回の時間を制限なしで無料にしたり、2回目以降を有料にする形で相談を行っています。完全に無料にする事は現実的ではなく、バランスを取る事は不可欠ですが、工夫を行う事で双方の利便性が向上しています。

広島で交通事故のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です