電話による弁護士に無料相談のメリットとデメリット

トラブルに巻き込まれてしまったときには、法律家である弁護士に相談することで解決を目指すことができます。弁護士というと敷居が高いというイメージもあるかと思いますが、最近では無料相談を行っている法律事務所も多いです。弁護士が行っている無料相談の方法としては、電話によるものとメールによるものがあります。電話を使った無料相談のメリットは、レスポンスがすぐに受けられる点だと言えます。

電話であれば疑問に思ったことがあるときに、その場ですぐに質問することが可能なために、気になることを解決できるスピードが速いです。ただし、電話では伝えたい内容が上手に伝わらない可能性もありますので、事前に相談したい要点についてまとめておくことがおすすめです。電話相談を受けるメリットとしては、直接会話できることから反応や声のトーンなどの、メールではわからない弁護士の特徴を知ることが可能な点もあります。電話の無料相談では、多くの場合で相談できる時間が30分や1時間に設定されています。

制限時間を超えて相談を行ったときには、打ち切りになるか、有料になることが考えられます。そのために時間内に明確な回答を受けられないうちに、相談時間が終わってしまうことも多いです。電話ではやり取りの内容が残らないという、デメリットがあります。せっかく納得できる回答を受けられたときであっても、相談時間が終わった後に忘れてしまうことも考えられますので、電話相談を受けるときにはメモを取ることが重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です